経営者の人間力&リーダー力向上講座【Step5】

人を導く

経営者の人間力をマスター

自分と人を活かすリーダー力

~あなたの人間力で周囲の心を動かし、共に結果を出す『スピーチ力』を練習・体得する2日間です~

あなたが理想とする会社は、どんなものでしょうか?

社員が成長し、互いの関係性も改善した、あなたの理想の会社とはどんな状態でしょうか?どうしたら理想的場作りができるのか、まずはあなたが実現したい理想の会社像を明確にし、常に意識できるようにします。

 

理想の会社への想いを伝え、共に結果をだすためのスピーチ

小手先のスキルでは人の心は動きません。理想の会社へのあなたの想いをスピーチに込めましょう。講座Step1~Step4で高めたあなたの自分力&対人力をフル活用し、会社を最高の状態へ導くためのスピーチを学んでいきます。

特徴【1】 あなたにとっての「会社の最高の状態」をみつける

あなたが理想とする会社は、どんなものでしょうか?

 

「理想」は、じつは人それぞれ違ってきます。

 

「あなたに合うリーダーシップ」を発揮した理想の会社とは?まずはあなたのモチベーションがあがる目標を明確にしましょう。

 

目標が明確になると、そのために必要なあなたの在り方、そして今の会社に伝えたいこともクリアになります。

特徴【2】「理想の会社実現のためのスピーチ」をつくる

人の気持ちを動かすスピーチには、あなたの在り方、そしてデザイン(進め方の枠組み)が重要です。

あなたに合うリーダーシップを元に、まずは自分の在り方を決めます。

 

これまでの人間力講座で学んだ対人力(信頼を築く聞き方・人を育てる伝え方)をおさらいしながら、どんな自分でメンバーにどう働きかけたいのかを整理します。

次に基本的なスピーチの枠組みを学びます。枠組みに合わせてスピーチシナリオを作成。理想の会社実現のための想いを特にどの場所で伝えたいか、など、効果的デザインを学びます。

特徴【3】 「共に結果を出す」。模擬スピーチで「何が人を動かすのか」学ぶ

人の気持ちを動かすスピーチを実践で体感しましょう。

 

最初は短い模擬会議から練習。よくある会議などで少しづつあなたが理想とする会社への想いを伝えるスピーチを実践してみます。次に、あなたが「理想の会社に導くスピーチ」をロールプレイで実践。頭で考えているだけでなく実際に伝えてフィードバックをもらうことで、使える学びを得ていきます。

 

ロールプレイでは、受講者同士でスピーカーとメンバー役を交代します。メンバー役からの生きたフィードバックや、他の経営者のスピーチから、スピーチ力向上のヒントを得られ、明日から使える実用性と効果を重視したスピーチ力講座です。

▼次のようなことが得られます

  • あなたが目指す「会社の最高の状態」が明確になります
  • 理想の状態に導く「人を動かすスピーチ」「会議デザイン」を学ぶ
  • 模擬会議で「自分に合うスピーチのやり方」がみつかる

講座の目的・効果

目的

共に結果を出す『理想の会議ファシリテーション』を練習・体得する

期待できる効果

・あなたが目指す「会社の最高の状態」が明確になります

・理想の状態に導く「人を動かすスピーチ」「シナリオデザイン」を学ぶ

・模擬会議で「自分に合うスピーチのやり方」がみつかる

対象

◆講師:高木 久美 ひとひとClub代表(プロフィールはこちら)

・ルミナ心理学: 公認ファシリテーター

・CTI/ORSC: 認定プロフェッショナルコーチ

 

その他

・申込み受付は、開催日の4日前深夜0時まで(※申込状況に応じて締切が早まることもございます)

・2日間 10時~19時

・受講費:50,000円税別(税込55,000円)

Step1-Step5の一括申込の場合、合計額から10,000円の割引をご提供します

・場所:東京都中央区 *詳細は申込み後

講座プログラム

1、理想の会社像を知る【1日目】

・あなたと社員の理想的な関係性を描きます

 

2、合うリーダーシップでのスピーチ練習

・在りたい姿で得たい結果を得る練習を模擬会議で実施

 

3、理想のスピーチのシナリオをつくる【2日目】

・ あなたが実現したい「理想の会社」得たい結果を得るための枠組み、シナリオを作成

 

4、スピーチ実習(1)

・よくある会議を再現し、在りたい姿でスピーチ⇒フィードバックから学ぶ

 

5、「在りたい姿」の明確化

・スピーチに対するあなたの「不安」を掘下げながら、本当はどう在りたいのか?を願いと自信を明確化

 

6、スピーチ実習(2)

・あなたが実現したい場を設定し、在りたい姿でスピーチ⇒フィードバックから学ぶ

人と会社を成長に導く!経営者の人間力&リーダー力を一緒に高めませんか?